街頭演説  支持率  維新の会  大阪都構想  大阪市政  ツイッター  批判  用語集  

橋下徹VSたちあがれ日本 第三極連合に暗雲

2012年11月01日
石原慎太郎東京都知事の呼びかける「第三極連合」が怪しくなってきた。
石原氏は各党が官僚支配打破という「大同」につき「小異」を捨てての結集を唱えているが、日本維新の会の橋下徹大阪市長は31日、「石原新党」の母体となるたちあがれ日本に「カラーが合わない」と拒絶反応を示し、石原氏にとっての「小異」を持ち出した。橋下市長の批判に、たちあがれは冷静に努めようと必死だが、週末に予定されている石原、橋下両氏とたちあがれの平沼赳夫代表による会談は紛糾しそうだ。

橋下徹大阪市長は市役所で記者団に対し、石原氏個人とは、

「コミュニケーションは取れている」

と良好な関係を強調した。一方でたちあがれを、

「世代間のギャップを感じる」

と断じ、

「『真正保守』にこだわるのなら、そういうグループでされた方がいい。
 先に保守を掲げて政治行政をやる時代ではない」

と言い切った。たしかに、たちあがれ所属国会議員5人の平均年齢は72・2歳で、橋下氏は43歳という若さ。ただ、石原氏はたちあがれの5人より年長の80歳だ。たちあがれ幹部は、

「われわれよりも高齢の石原氏はどうなるのか。
 『カラー』を言うが、まだ橋下氏と会ったこともないのに」

と苦言を呈した。別の幹部は、

「橋下氏独特のジャブだろう」

と、橋下徹市長がたちあがれとの協議を有利に進めようとの思惑だと解説する。しかし、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は、政策の不一致に関連して、たちあがれに対し、橋下徹市長よりもさらに攻撃的だ。

「石原氏は橋下氏と会談した際に、
 維新が掲げる『2030年代に原発ゼロ』に賛同した」

松井氏は31日の記者会見で、「脱原発」を批判してきた石原氏の“転向”を暴露し、

「石原氏とたちあがれは政策的に一致していないのが伝わってきている」

と述べた。さらに、平沼氏らとの政策協議には応じるとしたものの、

「小異を捨てて大同につくというが、
 エネルギーや地方分権は(維新にとって)小異ではない」

とも発言した。一方で平沼氏は「この国を根底から変えていく流れはすでに一致している」と、「石原新党」と維新との「大同」に期待感を示していたが、支持者の中には「人権擁護法案や外国人参政権問題での橋下氏の立場は、たちあがれの考えと相いれないのでは」という考えも少なくない。

平沼氏の政治信条でもある「真正保守」を真っ向から否定し、石原氏だけを引き抜くような発言をするなど「無条件降伏」を迫るような橋下市長に対し、抑えられつつあった、たちあがれ内の憤懣(ふんまん)が再び噴き出す可能性もある。
【産経新聞】http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121031/stt12103123160019-n1.htm


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。